50代からのグッドエイジングケア〜いつまでも美しく♪

50歳からだって輝こう!キレイになろう!!

ビーグレン「ホワイトケア」悪い・良い口コミ集|積極美白を体験してみた!

f:id:goodaging-care:20180702225411j:plain

最近では1年を通して美白対策をする人も増えてきましたね。美白成分もアルブチンやビタミンC、トラネキサム酸となど色々な成分が入った美白化粧品もありますが、なかなか効果が実感できない・・・って思いませんか?

あなたは「ハイドロキノンって聞いたことありますか?「ハイドロキノン 」という成分は今まで皮膚科でしか処方してもらえない処方薬だったのですが、化粧品に4%までの配合であれば使用が可能になった成分です。

ただ「ハイドロキノン 」は刺激が強い成分でもあり、濃度が高いと副作用などの心配がありますが、今回紹介するビーグレン の「ホワイトケア」トライアルセットに入っているQuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9に配合されている「ハイドロキノン 」は、ハイドロキノンの配合量が1.9%で刺激が少ないのが特徴なんです。

しかも単体では肌に浸透しずらく、普通に塗っても肌の奥まで届かない「ハイドロキノン 」をQuSome(キューソーム)というビーグレン独自の浸透テクノロジーが、配合量が少なくても肌の奥までしっかり届けてくれる優れものなんです。

私も使ってみましたが「今までの美白化粧品とは違うかも!」って実感できたので、レビューして行きますね。

ビーグレン「ホワイトケア」を使ってみた!

クレイウォッシュ(洗顔料)

f:id:goodaging-care:20180702225717j:plain

微粒子の天然クレイ「モンモリロナイト」を採用した洗顔料。肌の汚れや古い角質、酸化した余分な皮脂を磁石のように引き寄せて落とす“吸着洗顔料”です。

たくさんあるビーグレンのアイテムの中でもとても人気の高い商品です。

f:id:goodaging-care:20180702225928j:plain

香りは特にしません。ちょっとかためのテクスチャーです。ソープではないので泡は立ちません。

f:id:goodaging-care:20180702230158j:plain

クレイウォッシュだけでは肌にのばしてすぐに乾いてくるので、必ず先に顔をぬらしてから、ぬれた手でクレイウォシュを顔にのばしてなじませてください。

QuSomeローション(化粧水)

f:id:goodaging-care:20180702230525j:plain

加齢とともに硬くなりがちな肌を解きほぐす、持続型保湿の効果を兼ね備えたエイジング化粧水。理想の水分量を17時間キープしながら、むきたまごのようななめらか肌へ導きます。

f:id:goodaging-care:20180702230818j:plain

透明のとろみのある化粧水です。香りはしません。潤いが17時間持続するとうたってるだけあって、保湿感はとても高く超優秀です。

Cセラム(美容液)

f:id:goodaging-care:20180702231043j:plain

ビタミンC特有の、金属のような香りが少しします。Cセラムは毛穴の開きや吹き出物への効果も期待できるんです。

f:id:goodaging-care:20180702232128j:plain

ビタミンCが入ったスキンケア商品を使うと、ものによっては肌表面がつっぱる感じがします。でもこれは肌の上に残った成分によるもので、肌自体の乾燥ではないから心配は無用。

それでも気になる場合は、量を加減して使用してみてください。

私は4滴めから渇きを感じるので、3滴使用にしています。ビーグレンが推奨している使用量からはだいぶ少ないですが・・・つっぱるのはやはり気持ちが悪い。

注)日中に使用する場合は、日焼け止め等の紫外線防止効果のある製品をあわせて使用してくださいね。また乾燥肌、敏感肌の方は少量で様子を見ながら試してみてください。

f:id:goodaging-care:20180703145452j:plain

<肌の漂白剤>と言われる「ハイドロキシン」が入ったクリーム。肌の漂白剤と言う響きはちょっと怖いですね。

マイケル・ジャクソンが使っていたとされる、ハイドロキノンモノベンジルエーテルとは違う成分です。こちらは現在使用が禁止されていますから安心してくださいね。

f:id:goodaging-care:20180703145702j:plain

なめらかなクリームです。香りはありません。f:id:goodaging-care:20180703150409j:plain

シミにポイントで使うのではなく、顔全体にのばして使います。

注)このクリームは夜のみ使用してください。乾燥肌、敏感肌の人は少量で様子を見ながら試してくださいね。また使用を開始する際にパッチテストをオススメします。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

f:id:goodaging-care:20180703150655j:plain

深いシワやたるみなど、顕著に現れる世代に向けたエイジングケアクリーム。肌の表面から奥深くまでじっくり浸み渡り、高保湿でアプローチしてくれます。

f:id:goodaging-care:20180703150911j:plain

こってりしたクリームは、とても肌を潤してやわらかくしてくれます。

f:id:goodaging-care:20180703151107j:plain

香りはありません。ベタつくこともなく使い心地が最高に良いです♪

【朝晩7日間使ってみた】私の個人的感想

口コミを調べたところ、お肌のタイプによっては刺激を感じる人もいるようでしたが、普通肌の私は大丈夫でした。

7日間使ってみましたが、少しだけ肌が明るくなったような気がする・・・さすがにシミはまだまだ消えていませんが、肌がなめらかになってハリと弾力を感じます!本当に肌の手触りがいい〜これには大満足♪ 

>>>【ビーグレンホワイトケア】公式サイト

ビーグレン「ホワイトケア」の口コミと評判

ビーグレン「ホワイトケア」は「Domani」「Oggi」「美ST」「MORE」「ar」「美的」「bea’s up」「VOGUE JAPAN」など多くのメディアで紹介されています。

インスタでも口コミを見かけましたが、今回は@cosmeの口コミを集めてみました。

ビーグレン「ホワイトケア」の良い口コミ

すばらしい。の一言です。
トライアルだけで、楕円形に広がった毛穴がキュっとしまり、化粧のりが全然違います。シミはまだまだですが、滑らかになっただけで肌印象が変わりました。どれか減らしてコストを抑えたい所ですが、この肌実感は、ラインで揃えてこそではないでしょうか。返金保証もメーカーの自信の表れだと思います。多分現品買います。(36/普通肌)

最近、ホワイトニング系スキンケアを、していなかったので、少し?くすみがちだったので、ホワイトニング系のスキンケア商品を探してました。トライアルでお手軽な価格なので、購入^ ^
2、3日でなんとなくトーンが明るくなったような(^-^)1週間使って、実感しました。くすみが和らいでます!迷うことなく、定期購入しました!!一ヶ月後か楽しみです(o^^o)(51歳/乾燥肌)

私には合っていたようで、肌の調子がよくなりました。cセラムはべとつかずにスーッとよく伸びるし保湿力もあるので乾燥肌の人には良いんじゃないかと思いました(^-^)
美白効果は短期間ではあまり実感できませんが、顔全体に使えるハイドロキノン1.9のクリームも赤みなどのトラブルはなかったので、暫く続けてみようと思います。1.9%だけど、浸透しやすくなって4%と同等の効果があるようなので期待しています☆(34歳/混合肌)

私には合いました。
シミ対策に購入してみましたが、一番効果があったのは肌の水分量が上がったことです。

シミは2~3週間使ってみて薄くなってはいますが、小さめのシミが消えなかったのはちょっと残念でした。お値段が高いので、リピートはないですが、ハリ感が上がったのはかなり嬉しかったです。(45歳/普通肌)

ハイドロキノンを使いたくて購入しました。
まだ使って一週間も経ってないのですが、できたばかりのシミが薄くなりました!!(35/混合肌)

ビーグレン「ホワイトケア」の悪い口コミ

まだ使って3日ですがとにかく肌が突っ張る!!手持ちのクリームを付けても突っ張る!!

あと何となく目が沁みるしピリピリするので、私は割と肌は丈夫な方だけどお肌の弱い人刺激が強いのではないか??美白は続けて使わない効果が分からないだろうけどこれでは使い続けるのは無理だわ?。(43歳/混合肌)  

シミが気になりだして、期待して使いましたが、セットが使い終わっても美白については全く効果を感じませんでした。肌はなめらかになったかな?という感じですが、パンフレットにあったような美白、くすみ効果は感じられず、残念です。(33/敏感肌)

しみ、そばかすが悩みのタネで、効果のある物を探していました。ネットを見てこちらを試してみましたが、私にはハイドロキノンの刺激が強かったのか、目元の痒みが出てきてしまいました。化粧品で合わなかったのは初めてだったので、美白化粧品は低刺激のものから始めてみます。(33/混合肌)

お試しで使ってみました。4点セットのうち、ローションとcセラムはピリピリしてダメでした。ホワイトクリームとモイスチャークリームは伸びもよく、肌に優しかったです。お試し分だけでは肌のくすみ、シミは全く変化なかったです。やっぱり長く使わないと効果はなさそうです。(46/乾燥肌)

私には合いませんでした。そもそも美白の効果もなかったし匂いも苦手な香りでした。それにアトピーの私には痒くなってだめでした。(36歳/アトピー)

*ビタミンCが入ったスキンケア商品を使うと、ものによっては肌表面がつっぱる感じがします。でもこれは肌の上に残った成分によるもので、肌自体の乾燥ではないから心配は無用です。それでも気になる場合は、量を加減して使用してみてください。

購入前後の不安はスキンケア相談窓口へ

f:id:goodaging-care:20180703205901j:plain

ビーグレンにはカスタマーサポートの他に、スキンケア相談窓口があります。

スキンケア相談窓口では、カウンセリング(肌の悩み、毎日のケア、製品選びについて)を受けることができます。私も購入前に電話してみましたが、とても丁寧に対応してくれました。

心配や不安があったら気軽に電話してみると良いですよ!

▼ビーグレン/スキンケア相談窓口▼

>>0120-480-902(月~金午前9時~午後6時)

そもそもビーグレン「ホワイトケア」って?

ビーグレン「ホワイトケア」シリーズは、加齢や紫外線により出来てしまった、シミや色素沈着をケアしてくれる商品です。また何を使っても効果が出なかった方へハイドロキノンが肌悩みを解消してくれます。

アメリカで生まれたビーグレンは、2006年より日本で発売され、現在では日本の研究所で日本人の肌に合わせて開発されているMade in japanです。

また東京の汐留にビーグレン愛用者のための「The Salon by b.glen」というお客様専用サロンがありますが、その高級エステサロンと同じスキンケア商品が家にいながらにして手に入ります。

また効能評価試験の実施内容が医療専門誌「診療と新薬(2016年9月号)」にも掲載されました。

ハイドロキノン とは?

f:id:goodaging-care:20180703145452j:plain

ハイドロキノンの成分は、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分です。シミやそばかすの元となるメラニン色素を薄くする美白効果の高い成分で、その効果はビタミンCやアルブチンの100倍にも達すると言われています。

ハイドロキノンは従来は薬品にしか配合できませんでしたが、2001年から薬事法規制緩和によりメーカー責任で化粧品でも配合が可能になりました。

今まで医療機関でしか手に入らなかったハイドロキノンが、コスメで手軽に入手できるようになったのです。

ただハイドロキノンは刺激が強いため、使用する時に注意したいのはその濃度です。一般的に販売されているハイドロキノン配合のクリームは1%〜4%ぐらいの濃度のものがありますが、高濃度だから効果が期待できるというわけではありません。

また5%以上の濃度のものは処方薬になり、医師の指導のもと使用する必要があります。

またハイドロキノンは単体では肌に浸透しずらく、普通に塗っても肌の奥まで届きません。なので濃度が高いからといって安易に使用することは、副作用などの危険をともないます。

また濃度が低くても肌が弱い人は肌に刺激を感じる場合があるので注意してください。

そしてハイドロキノン使用時は「日焼け止めなしで海に行くようなもの」なので、紫外線の影響を受けやすい状態となります。ビーグレンではハイドロキノン配合の「QuSomeホワイトクリーム1.9」は夜のみ使用することを呼びかけています。

使用法や使用量を守り、敏感肌、乾燥肌の人はハイドロキノンの配合量が少ないもの、もしくは少量から使うことをおすすめします。

また使用を開始する際には、必ずパッチテストをすることをおすすめします。

>>簡単なパッチテストの方法

絆創膏などのガーゼ部分に該当の化粧品を塗り、上腕の内側に貼布して24時間以内に、赤みや、かゆみ、刺激などの異常がでなければ、アレルギーやトラブルの心配は少ないといえます。

もしお肌に合わない場合も考えて、ビーグレンには注文日から365日間の返品・返金保があるので安心してくださいね。

QuSome(キューソーム)が問題を解決!

 ハイドロキノンはとても効果の高い成分ですが、単体では肌に浸透しずらく普通に塗っても肌の奥まで届かない、高濃度で配合すると刺激が強い、酸化しやすく製品の安定性が悪いなどの問題があります。

ですがビーグレンは独自の<浸透テクノロジー>「QuSome(キューソーム)」でその問題を解決しました。

「QuSome(キューソーム)」は、もともとは医療の分野で、薬を必要なところに届けるという目的で開発された浸透テクノロジーです。これを化粧品にも応用することで、浸透しなかった成分を肌トラブルの原因まで届けることを可能にしたのです。

ビーグレン独自の<浸透テクノロジー>「QuSome(キューソーム)」はビーグレンの最高研究開発研究者のブライアン・ケラーが開発しました。彼は医療分野のテクノロジー・DDS(ドラッグデリバリーシステム)の第一人者。

DDSとは薬が生体内の必要とされる部位に、持続的に届く投与形態のことです。

その技術をスキンケアに応用し、高濃度にカプセル化したエッセンスを角層の奥まで送り込むことに成功しました。肌が求める成分を、求める場所に、持続しながら・・・それがビーグレンの製品にもいかされています。

この浸透テクノロジーを使って、ハイドロキノンを肌の奥まで届けることに成功したのが「QuSomeホワイトクリーム1.9」(ハイドロキノン1.9%配合)なのです。

ビーグレン「ホワイトケア」トライアルセットの内容

f:id:goodaging-care:20180703151426j:plain

ビーグレン「ホワイトケア」トライアルセットの中身です。トライアルセットと商品カタログが梱包されていました。

f:id:goodaging-care:20180703151636j:plain

中にはトライアルセットとともに、使い方や注意書きなどが書かれたパンフレットが入っています。

f:id:goodaging-care:20180703151848j:plain

ビーグレン「ホワイトケア」のトライアルセットは、洗顔料、化粧水、美容液、ホワイトクリーム、モイスチャークリームの5点セット。

✅クレイウォッシュ(洗顔料)15g

✅QuSomeローション(化粧水)20ml

✅Cセラム(美容液)5ml

✅QuSomeホワイトクリーム1.9(クリーム)5g

✅QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)7g

ビーグレン「ホワイトケア」全成分

f:id:goodaging-care:20180703152052j:plain

クレイウォッシュ(洗顔料)

水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルビトール, BG, ココイルグルタミン酸Na, ペンチレングリコール, ココイルグルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, グリチルリチン酸2K, アロエベラ葉エキス, カミツレ花エキス, クズ根エキス, クロレラエキス, カプリロイルグリシン, エチルヘキシルグリセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール 

QuSomeローション(化粧水)

水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na  

Cセラム(美容液)

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

QuSomeホワイトクリーム1.9(クリーム)

水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG-55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K 

ビーグレンホワイトケアまとめ

f:id:goodaging-care:20180702225411j:plain

今までもビーグレンホワイト以外の色々な美白スキンケアを試してきましが、全体的に保湿には優れていないものが多かったです。

その点ビーグレンは、Cセラム(美容液)の量さえ調節すれば、QuSomeローション(化粧水)やQuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)の保湿効果がお肌をなめらかにしてくれます。

それだけでも試してみる価値はあると思うのですが、そこにハイドロキノンという今まで皮膚科でしか処方されなかった成分や、刺激が強いハイドロキノンを少量で肌の奥までしっかり届けてくれるビーグレン独自の浸透テクノロジーは、試してみる価値が大きいと思います。

ビーグレンの高級エステサロンで使われているスキンケアシリーズを試せるのも嬉しいですね♪

公式サイトからネット申し込みで、5つのアイテムが初回限定1,800円(税抜) +全国送料無料+後払い・代引き手数料無料で購入できます。トライアルセットは公式サイトのみの限定販売です。

もしお肌に合わない場合も考えて、注文日から365日間の返品・返金保証。またカスタマーサポートは24時間365日体制なので安心です。 

>>>【ビーグレンホワイトケア】公式サイトへ

最後までお読みいただきありがとうございました。