50代からのグッドエイジングケア〜いつまでも美しく♪

50歳からだって輝こう!キレイになろう!!

ロスミンローヤルとホワイトルマンの効果や成分や違いを徹底比較!

f:id:goodaging-care:20180706200812j:plain

ロスミンローヤルとホワイトルマンの違いがわからずどちらを選んで良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなあなたのためにロスミンローヤルとホワイトルマンの違いを徹底的に比較してみました。

 

ロスミンローヤルとホワイトルマンの効果を比較 

効果 ロスミンローヤル ホワイトルマン
シミ
そばかす
くすみ ×
日焼け・かぶれによる色素沈着 ×
肌荒れ ×
シワ・小ジワ ×
冷え性・肩こり・腰痛 ×
ニキビ ×

改善が期待される効果です。個人差はありますが、早い人で1ヶ月めぐらいから効き目を感じ始め、2〜3ヶ月めで多くの人が変化を感じるようです。

また新たにシミを作りたくないという人も多く服用していて、服用期間は人それぞれです。

ロスミンローヤルとホワイトルマンの成分を比較

 

  成  分
ロスミンローヤル ローヤルゼリーL-システイン、DL-メチオニンアスコルビン酸(ビタミンC)、ビタミンE散(50%)、チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)、リボフラビンビタミンB2)、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、シアノコバラミンビタミンB12)、シアノコバラミンビタミンB12)、安息香酸ナトリウムカフェイン、グリチルリチン酸一アンモニウム、トウキ末、シャクヤク末、ブクリョウ末、ソウジュツ末、タクシャ末、センキュウ末、ハンゲ末、ニンジン末
ホワイトルマン アスコルビン酸(ビタミンC)、コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンE)、リボフラビン(ビタミンB2)、添加物として部分アルファー化デンプン、乳糖水和物、メチルセルロースステアリン酸マグネシウム、カプセル本体に着色料(酸化チタン)、プルランを含む

配合されている成分にはこれだけの違いがあります。ロスミンローヤルには、ホワイト対策成分のビタミンC、E、B2以外にも生薬など血行を良くし新陳代謝を整える成分が配合されています。

またホワイトルマンはホワイト対策には欠かせない、ビタミンC、E、B2がメインで配合されています。

ロスミンローヤルとホワイトルマンの違いを比較

f:id:goodaging-care:20180722155829j:plain

シミやそばかす、そして美白に特化してみてみると、両者の成分の配合量の違いが見えてきます。もっとも注目すべきはビタミンC、E、B2です。

この3つの成分はほとんどの美白系の医薬品に配合されています。

ビタミンCとEには「メラニン色素をできにくくする」「できたメラニン色素を薄くする」作用があり、ビタミンB2は「肌のターンオーバーを促してくれて色素沈着の抑制」に効き目をもたらします。

  ビタミンC ビタミンE ビタミンB2
ロスミンローヤル 180mg 50mg 10mg
ホワイトルマン 1200mg 100mg 10mg

*1日量中

ビタミンCは若返りの秘薬とも言われている成分で、アンチエイジング物質としては最強です。そのビタミンCの量が表を見てもわかるように圧倒的に違います。

ロスミンローヤルは国内唯一小ジワにも効果的

f:id:goodaging-care:20180722141429j:plain

ロスミンローヤルはその配合成分からもわかるように、シミだけではなく乾燥小ジワもWでケアしてくれる、国内では唯一の医薬品です。

L-システインローヤルゼリー、ビタミン類などの13種類の有効成分に加え、血行や新陳代謝を整える9種類の生薬成分が、肌ダメージを回復させながら紫外線によるトラブルから肌を守り、小ジワになりにくい肌質にしてくれます。また生薬の力で女性特有の血行不良による冷え性、肩こり、腰痛にも効果が期待されます。

美白系の医薬品で22種類もの成分が配合されているのはロスミンローヤルだけです。  

ホワイトルマンはシミに効果的 

f:id:goodaging-care:20180722141758p:plain

ホワイトルマンは美白系医薬品市場においてビタミンCとビタミンEの配合量がダントツで多くシミ、そばかす、日焼けやかぶれによる色素沈着に特化した医薬品です。メジャーな美白系医薬品の配合量を調べてみました。 

  ビタミンC ビタミンE ビタミンB2
ロスミンローヤル 180mg 50mg 10mg
キミエホワイト 500mg
ハイチオールCホワイティア 500mg
トランシーノホワイトCクリア 1000mg 50mg 6mg
ホワイピュア 1000mg 50mg 6mg
ホワイトルマン 1200mg 100mg 10mg 

ロスミンローヤルとホワイトルマンの価格を比較 

  ロスミンローヤル ホワイトルマン
通常価格 7,600円 7,900円
定期初回価格 1,900円 1,900円
2回め以降 5,800円 5,980円
最低継続回数 なし なし

*税抜き価格 

価格の差はそんなに大きくありませんね。どちらも初回は1,900円で試せます。定期の回数しばりがないのは嬉しいですね♪

どちらもAmazon楽天などの通販、また実店舗での販売はありません。

◼︎ロスミンローヤルは、初回限定単品で1箱のみ1,900円でお試し購入もできます。定期コースでの購入も可能で、こちらも初回1,900円です。また定期コースはいつでもお休み、解約ができますが事前に連絡が必要です。

◼︎ホワイトルマンは自動お届けコースの初回のみ1,900円です。こちらには全額返金保証がついていますが、医薬品で全額返金保証が付いているのはホワイトルマンだけです。です。こちらもいつでもお休みや解約はできますが、事前にフリーダイヤルへの連絡が必要です。単品購入はありません。

ロスミンローヤルとホワイトルマンどっちがいいの?口コミの評価も検証   

f:id:goodaging-care:20180723120315j:plain

効果の違いや成分の違い、価格などをみてきましたが、どちらも配合成分は申し分ないし、価格もほぼ一緒です。ただ目指す効果の違いがあるので、どちらの効果を目指すのかを目安にするといいでしょう。

シミも小ジワもケアしたいならロスミンローヤル? 

ロスミンローヤルは、シミを含め全体的な肌の改善を目指した医薬品です。また生薬の力で内側から改善し、血行を良くすることで小ジワになりにくい肌質にしてくれます。全体的なケアをしたい人はロスミンローヤルを選ぶと良いでしょう。

ロスミンローヤルのアットコスメでの口コミをまとめてみたところ、効果の出方が見えてきました。逆に数件ですが、評価しないという厳しい口コミもありました。

f:id:goodaging-care:20180722205420j:plain

✅飲み始めて1年、肌質はかなり良くなりました(31歳/乾燥肌)

✅飲んで1ヶ月、明らかに顔色が上がった(39歳/混合肌)

✅色素沈着が薄くなった(43歳/乾燥肌)

✅小ジワへの効果に実感あり(53歳/普通肌)

✅肌全体のくすみがとれてきた(51歳/混合肌)

✅一瓶飲み終わるころにはかなり、肌が滑らかに白くなった(44歳/混合肌)

✅お肌の調子がよく、乾燥などもなく潤って調子がいい(44歳/乾燥肌)

✅3瓶飲み終わり感じている効果はまずくすみ抜け、そしてシミが全体的に薄くなった(55歳/乾燥肌)

✅まだ20日くらいしか飲んでいませんが、お肌に透明感が出てきて以前とは全然違います。(50歳/乾燥肌)

徹底的なシミケアならホワイトルマン? 

ホワイトルマンは圧倒的なビタミンCの配合量で、シミやそばかすに特化したした医薬品です。とにかくシミやそばかすをなんとかしたいという人は、ホワイトルマンを選ぶと良いでしょう。

ただビタミンCは若返りの秘薬とも言われている成分で、アンチエイジング物質としても最強です。ビタミンCはとても吸収されやすい水溶性ビタミンなので、血中に回ってカラダのよくないところにすぐに到達することができ、非常に即効性が高いのです。

またビタミンCは老化の原因である活性酸素を防ぎ、コラーゲンも作るという二重の働きをして肌を守ってくれてます。

ホワイトルマンの口コミアットコスメなどで探してみましたが、まだ発売されて時間がたってないため残念ながら口コミの評判を見つけることができませんでした。

f:id:goodaging-care:20180722205354j:plain

私はホワイトルマンを3ヶ月間試してみました。

>>ホワイトルマン購入レビュー  

 最後までお読みいただきありがとうございました。